キャッシングは正社員じゃなくても大丈夫

だれしも、急な出費が必要になったり、収入が減少したりしてお金に困るということはあるものです。そんな時、キャッシングを利用してその場を切り抜けたい、と思うこともあるでしょう。

中には、正社員として雇われていないとキャッシングを利用できない、と考えている方もおられるようですが、そんなことはありません。たとえ、アルバイトやパートタイムの仕事しかしていないとしても、定期的な収入がある方でしたら、大抵の消費者金融やカードローン会社は、融資をしてくれるものです。

キャッシングを申し込む際には、勤務先の情報を申告する必要はありますが、キャッシングの希望額が一定額より少なければ、収入証明書の提出を求められることはありません。

また、勤務先に在籍確認のための電話がかけられますが、これは個人名で行われますので、キャッシングのことが勤務先にバレる、という心配もありません。

もちろん、審査は行われますが、運転免許証や健康保険証といった身分証明書を用意しておけば、大丈夫です。他は住所、氏名などの個人情報を申告する必要がありますが、正確に正直に申告すれば、アルバイトやパートタイムの仕事をしている、ということが理由で、拒否されることはないでしょう。

それで、必要な方は、一度キャッシングを申し込まれるのはいかがでしょうか。


このページの先頭へ