銀行のカードローンの保証会社の存在

銀行は原則的に無担保での融資は行いません。ですが、カードローンでは特に担保を求められることなく契約が行えます。この理由は、銀行のカードローンには必ず保証会社が付いている為です。

この保証会社とは、契約者が長期間返済を行わないような時に、その代わりに代位弁済を行う契約を銀行としています。この保証会社という存在がある為、カードローンは無担保でも契約が行えるのです。

大手都市銀行のカードローンでは、三井住友銀行はプロミス、三菱東京UFJ銀行はアコム、みずほ銀行は信販会社のオリコがその保証会社です。

そして、この代位弁済が行われると、そのカードローンの債権は保証会社側に移ります。つまり、その後は保証会社側から請求されるようになるということです。銀行のカードローンの保証会社は、その多くが消費者金融や信販会社です。よって、銀行のカードローンを利用したはずが、消費者金融から請求を受けることになるケースもあるのです。

この場合には必ず債権が移ったという旨の通知がありますが、これをよく見ていないと、契約をした覚えのない消費者金融から請求がきたと慌ててしまう可能性があります。銀行のカードローンを利用する時には必ず保証会社の名前の入った契約書が用意されるので、その名前を覚えておいた方がいいかも知れません。


このページの先頭へ